FC2ブログ
目次一覧作成中です。ご意見・ご感想などあればどうぞ
最新記事
プロフィール

あきげ

Author:あきげ
「あきげ」という名前は、変な名前ですが、誰かと被る心配がほぼ皆無で安心だと思ってます

最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

やる夫とまどかは入れ替わるようです。 番外 「ほむら」

349 名前: ◆/b39qUVaw2[sage] 投稿日:2014/08/01(金) 10:23:04 ID:NS3.VemA0 [4/87]


┌───────────────────┐
│やる夫とまどかは入れ替わるようです。     │
│番外 「ほむら」                   .│
└───────────────────┘

350 名前: ◆/b39qUVaw2[sage] 投稿日:2014/08/01(金) 10:23:28 ID:NS3.VemA0 [5/87]


                               __________________
                                  |.    ╋      病    院     ╋    |
                                  |.    ─ ── ── ── ── ── ─    |
                                  | ┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─  |
                 _________| ┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─  |
                  |  ─ ── -     ┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─  |
                  |  lエl lエl lエl lエl  ┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─  |
                  | ┌─ ┌─ ┌─  ┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─  |
                 i, | ┌─ ┌─ ┌─  ┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─  |
                  |i | ┌─ ┌─ ┌─  ┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─  |
            =====================================================,┌─  |
,,...,     | ̄ ̄|\\|l工l工l ├┤l工l工l ├┤l工l工l ├┤l工l工l ├┤l工l工l|/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
ゞ;ゞ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|____|
t'ゞ;;'tyメ;;,,lエエエエエl lエエエエエl lエエエエエl lエエエエエl lエエエエエl lエエエエエl |__|  |
YゞKゞヾメヾ`ゞ、,,、.                                             |.HHH|! |
kゞ,Yハ'ソ;ヾヘゞYソYゞ、,l lエエエエエl lエエエエエl lエエエエエl lエエエエエl lエエエエエl |二二|  |_| ̄
ゞt;ゞヾ〃ゞYゞヘゞヾメt' rソ';tゞ;ッ';'ゞ;ヾゞ、                                |.HHH|! |  | =
ヾゞtゞkゞゞ;l!_kメ'ヌヘゞ;k",t'ッ';;'メ;y;ゞ; ヾゞ゙ゞ""ヾ、エl lエエエエエl lエエエエエl lエエエエエl |二二|  |_| =
;;、;;;;;::;;;"ゞ,〃^ゞヾヘメ' :,`;.;;:,”:"゙:.:゙;':,:.:゙;゙':,”:"゙:.;'ミ、                         |.HHH|! |  |
ゞ、,....ヾ;;;;;;;;;;;'''';;;;;;;;;;;;;;;;,;;;:,”:"゙:.:゙;:,” "゙.:゙;' :, ミヾゞ,l lエエエエエl lエエエエエl lエエエエエl |二二|  |  |
kメ'ヌヘゞ;k" f;';:': r';.';:;'.',';';、;;;;;;;:;:; :、,、 、`^;;;:;:;"::ミ'、                           |.HHH|! |ヾ";;''
.';.,':';:.';,:;'j:;`}.ゞ;':,f.';:;';.:';',.;';;ミ;.:".;; ;; ;:ll ,;.:" .:;.:'゙: ゙,ヾヾl lエエエエエl lエエエエエl lエエエエエl |二二|  |ミ;;ゞヾ
':';.;';:;'.:,.';:゙、r';:`Y;':';.,';':';.;' ..;;`;.'!;;;;ヾ;.:".:゙,:,/;、,;;:;;;:;:;, l二二二二二二l_                  |    |  |ミ;;;ヾヾ
;';':';. .';:;'.;';':'};; ゞi;.;':';'.';',;:'.':' .;,l';;; ;,:|l;;; ;,i.i.;; ;;;:":ゞ/|__|__|_|l l='=='=='=='=='=='=='=='=='=='=='=='==,.|;; |
;':';'.';:,';.;.:';;'f;、;.';;i、;:;',':';.,' ,.,:':';";;;;;;;.l;; :l!; ;|;;;.:"' //======l l;"';;"';;"';;"';;"';;"';;"';;";"';';;"';;"';;"';;"';;"';"';;;;;
;';.;';':':.;;.;';i;'l;:;`i;.;iiゞ:;:;';;.';:;';';;;;;;;;;;;;;;l;; :l!; ;|  //=======l l , . , . , . , . , . , . , . , . , . , . , . , . , . , . , . , .


╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

  私、暁美ほむらは小学生の頃体が弱くずっと入退院を繰り返していた。

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

351 名前: ◆/b39qUVaw2[sage] 投稿日:2014/08/01(金) 10:23:43 ID:NS3.VemA0 [6/87]


               ∧∧      ∧___∧     ∧_∧
             (,,゚Д゚)    ( ´∀` )    (・∀・ ,,)
                (i  i)     (     )     (    )
           ~|  |.     i     i     | | |
            し`J      (,__,ハ,__,)     (_(__)


╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

  いつも入院当初は友達がたくさん見舞いに来てくれた。

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

352 名前: ◆/b39qUVaw2[sage] 投稿日:2014/08/01(金) 10:23:58 ID:NS3.VemA0 [7/87]


╋━━━━━━━━━━━━━━╋

  だけどそれは入院当初だけ。

╋━━━━━━━━━━━━━━╋


           ,.....:::::::::: ̄ ̄::::::::...、
        ,..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、
       /-777//////////777-l::::::::::,:::::.,
      /:::///イ:::::/l:::::::l::::::::ハ::ヽ、/l:::::::::::l::::::.
     ,イ::::::,::::,../l-、:ハ:::::ハ::::-l-',-、::::|::::::::::|::::::::.
     |::::::::|:::::/ l::::/  ',::l  、::l  、::: |::::::::::|:::::::::.
     |::::::::l:イ:l羊主ュ ヾ!  ,.ィニテ羊、:!::::::::::!::::::::l
     |::::::::: |  |::::Ll     |::::::L|  |::::::::::|-、::::l
     l::::::::::」 弋:::ソ }─{ 弋:::::ソ  l::::::::::| }::::|
     |:::⊂⊃` ー‐‐'   `ー―‐‐⊂⊃:::/-:'::::,
     |:::::、                ,::::::::/::::::::::l
     |:::::::ゝ _     ――   _,.../::::::/:::::::::::::!
     ',:::::::l |:::::: ̄::::7 ― ‐::≦:::/::::::/::::::::::::::::.
     ,::::::l |:::::::::::::://////∧::::/::::,イ::::::::::::::::::::.
      ,::::| |:::::::::::://///// ∧/イ:::::::::::::::::::::::::::.
      ,::| |:::::::::://///////∧:::::::::::::::::::::::::::::::::.


╋━━━━━━━━━━━━━━━╋

  気がつけばいつも1人でいた。

╋━━━━━━━━━━━━━━━╋

353 名前: ◆/b39qUVaw2[sage] 投稿日:2014/08/01(金) 10:24:11 ID:NS3.VemA0 [8/87]


                 ___r‐‐、__,,.. -‐--- 、_ _ ,--、__
                __/:::::::レ"         /::::::::Y"   `-_、_
            ` 、  `-f'"          ヽ_,l!     ヽ
              /, , '"              /l      ` 、
                孑‐-y        _   i 、  ハ  i     k`、
             / r /∧ |, -‐ ハ i   | i`ヽ|  |   ヽ|、   ト、!
             |// | |  ハ| !ト、 ,ハト、 |  !    |`ヽil.リ
                |ハハ、ハx=ェミ l! ソx=ェュ-|  ト`i   l
                '   |人l!必!     |式ノ |  レノ  、|
                     |  l!"      "" / / |   リハ
                   |!、 ト`   、__,   /レ'i  ハノリl!
                      ` 丶       レ'`W
                     i仝/::::,=-'    ゝ,ー-‐ェュ、
                   斗i、k|! - ,   /:::::/ j' `in:ヽ
                    / =/ `ァュ__ッ-'|:::::::レ'-' レ|!::!
                  | kr!  /_li__、" |::::::レ'   ,'::::::::|
                  | i::!    。     |:::::|   ,:::::::::::!
               /  l::!    。     |:::::!  ,':::::::::::|
                   |   |!    。     !::l   ,::::::::::::|


╋━━━━━━━━━━━━━━╋

  まどかが来る時を除けば。

╋━━━━━━━━━━━━━━╋

354 名前: ◆/b39qUVaw2[sage] 投稿日:2014/08/01(金) 10:24:26 ID:NS3.VemA0 [9/87]


                ..  -====‐z‐‐  .._
                ,≠´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`丶、:.:`丶.
               / .:.:.:.:.:/.:.:./.:.:/.:.;ハ:.:.:.:.:.:.:.:.:\:.:.:.:.:'.
            /イ .:.:/.:/|/|/|/ }∧:ハト、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
                i .:.;ハ/  ̄ ̄ .}  /゙ ̄ ̄ ̄∨:.:.:.:.::.:.i
              __i.:代 ____ ノ⌒{ ____ |:.:.:.:.:厂}j_
            { ̄|: |:{ ""       __,      ""|:.:.:./_,ノ: : : 「 ̄}
          、_|: |/≧=─┬r───r‐┬─|:.:/  |: : : : |_/
             `'¬{____ヽ{ ̄{^'{⌒7ノ ,_j/___l-:┬┘
          .'.:.:.: .:.:.:.:.:.: :| └i个个!┘ |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|


╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

  私はまどかが来るのが楽しみで楽しみでしかたがなかった。

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

355 名前: ◆/b39qUVaw2[sage] 投稿日:2014/08/01(金) 10:24:38 ID:NS3.VemA0 [10/87]


           __
          / --、 \
            ( (_   ) )
           `‐┘r‐'´/
                │「
                |.」
            ◯ 


╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

  でもその反面、なんで彼女がこんなによくしてくれるのかわからなかった。

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

356 名前: ◆/b39qUVaw2[sage] 投稿日:2014/08/01(金) 10:24:57 ID:NS3.VemA0 [11/87]


           ,.....:::::::::: ̄ ̄::::::::...、
        ,..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、
       /-777//////////777-l::::::::::,:::::.,
      /:::///イ:::::/l:::::::l::::::::ハ::ヽ、/l:::::::::::l::::::.
     ,イ::::::,::::,../l-、:ハ:::::ハ::::-l-',-、::::|::::::::::|::::::::.
     |::::::::|:::::/ l::::/  ',::l  、::l  、::: |::::::::::|:::::::::.
     |::::::::l:イ:l羊主ュ ヾ!  ,.ィニテ羊、:!::::::::::!::::::::l
     |::::::::: |  |::::Ll     |::::::L|  |::::::::::|-、::::l
     l::::::::::」 弋:::ソ }─{ 弋:::::ソ  l::::::::::| }::::|
     |:::⊂⊃` ー‐‐'   `ー―‐‐⊂⊃:::/-:'::::,
     |:::::、                ,::::::::/::::::::::l
     |:::::::ゝ _     ――   _,.../::::::/:::::::::::::!
     ',:::::::l |:::::: ̄::::7 ― ‐::≦:::/::::::/::::::::::::::::.
     ,::::::l |:::::::::::::://////∧::::/::::,イ::::::::::::::::::::.
      ,::::| |:::::::::::://///// ∧/イ:::::::::::::::::::::::::::.
      ,::| |:::::::::://///////∧:::::::::::::::::::::::::::::::::.

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

  だから私はある日まどかに尋ねた。
  なんでこんなに毎日会いに来てくれるのかと。
  他の子は来なくなったのに・・・っと。

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

357 名前: ◆/b39qUVaw2[sage] 投稿日:2014/08/01(金) 10:25:18 ID:NS3.VemA0 [12/87]


         ,.、   ,、. .-. . .-. . ,
        /'^,,ヾ,〃': : : : : : : : : : : :ヽ.   _
.  {f⌒)}     ,{{'~/: : : ;: : : :, : : : : : : : {iヾx'^.~,i}
   {「    /^/: : ; : /l: : : :i,: : : : : : : {i;/: : : : :i
   C    /: //i; :/l: /. l: i: : :ii;ー,: : : : ~i.: : : : : :i
       ノl: :^i :i,/. レ  l:/\ :',' ;i i; :: : /i: : : : : : i
      l: : :i; :i    '.   \' ' i: : : ^i: : : : : : i
      l: : :i: :i ー--    -=ニ,_ i: : :/从: : : : :i
      ノi: : :i; i "  ,       /: :/ノノ'l ; : : /
       i从i;/ヽ.   ,_-_.  ",/.:/'/ lノi: :/
            ー  ,-. .,'/;ノ,'.     レ'
            l~l  /,_==ノ   i
           |_| li:i:i:i:i:i:i_____ノ
           l勹 .li:i:i:i:i:i:il^^l^
            ', ',.li:i:i:i:i:i:i,' ,'i|
            ',,.li:i:i:i:i; ' ,. 'i:i:il


╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

  そうしたら彼女は不思議そうな顔をして答えた。
  友達なんだからあたりまえじゃないのっと。

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

358 名前: ◆/b39qUVaw2[sage] 投稿日:2014/08/01(金) 10:25:42 ID:NS3.VemA0 [13/87]


╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

  鹿目まどかは空気が読めない。
  徹底して読めない。
  そして空気を読まずに思い立ったら行動する。
  たぶん馬鹿だから。

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋


                 rr=ォ __ ____. rr=.ォ
               __. ィ|l.´: : : : : : : : : : : : : : |ilー!} 、     o
               `ア.: ::|l/ : ll : : : : : : : : : : : 乂: : : : \  。
                /: : :/:/ : :八 : : ト、 : :ト、 ヽ: : |: : : : : : :\
             イ: ー=彳:'yレ  \: l `、| `、i: : |: |: :j: ::ト、: :ヽ
              |: : : :l l:/      ヽ!     \l iレく : :l: : l⌒
              |: : : :|:i:|   --‐     ‐--  |i: :リ }: :ハ: :j
              |ハ: :人:.、'''"          '''"|i 厶イ.:/ }/
           / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
.         /__________________,\
.        /`────── ''"""" ‐- 、────────‐'、
        /      ,.' ´: : : : : : : : : : : : : ` ヽ          、 ヽ
.       /      /:;: : : _;, _-_''ニ二ニミ_、 : : :ヽ         ヽ ヽ
      _/      /: : :/´´: : : : : : : : : : :ヽ: : : :ヽ            ヽ
  , r'"        ./: : /: : : : : : : : : : : : : : : : :l: : : : :l;,,     、       ヽ
 /          |: : |: __/|: :ハ: :|ヾ: : : |__: : : : : : : :| i  ヽ  ヽ       ` -、
 |       ,'    |: :|: : :ハ:/  ヾ| ヾ: :|ヾ: : : : : : : |: |   ヽ   ヽ        ヽ
 {           |:、:|ヾ|        ヾl  ヾ|: : : : | |:|                }
  ',         /: l:ヾ --‐‐     ‐‐--  }: : : :|: ',',               j
  ゝ、,     , ィ': : ゝ,( ' ' '        ' ' '  j、: : : l、; l、             ノ
     ` ´  ./: : :( r,フヽ、    o      , 、''"ゞ、: : :ヽ: :ヽ,、,,_    ,〟─'''"
          ` ̄´` ̄ ̄´`' ‐-----‐‐'' ‐-‐`‐‐‐'´ ‐-`‐''  ` ̄´


╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

  でも私はこの馬鹿な所も空気が読めない所も含めてまどかのすべてを好きになっていった。
  そしていつしかまどかは私にとってかけがいのない唯一の存在になっていた。

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

359 名前: ◆/b39qUVaw2[sage] 投稿日:2014/08/01(金) 10:26:25 ID:NS3.VemA0 [14/87]


          -‐: : ̄ ̄ ̄: : :‐-          _   ____
      /: : : : / ̄ ̄_ 二>: \へ__//ノ‐        ‐-
     /: : : : : :// ̄: : : : : : :\: \\\/           \ \   _
.     /: : : : : : ′ : : : : : |: : : : \ヽ: :ヽ:Χ /  ::/       //\:ヽ /∧
    /: : :::::|: : :|: :::/: : :::| |: : : : : ::|::|: : /   /  ::/     \ ::::| / ̄ヽ}_:}//.} |
.   : : : : :::|: : :|:::/: : : :::| | : |: ::::l┼|、/ :/::/  ::/|::   l   ヽ | |  /   \|
   |: : : : : |: : :|: |/ ̄/∧: |: ::::| |..|::| | ,:|―、:::| | |::, ―|-、 : | | |_/       :ヽ
   |: : : : : |: : :|: |: ::,斗气 }/\/笊メ.{ { ト、  | | ト 、 |  ::| └‐!        :|
   |: : |: ::::{: : :l_:才/:::::ヽ     |::::} ∧ ヽ| \_| ヽ  \!\ |:  /|         |
   ヽ: {: : /ヽ::ヽヽ.廴::ノ   }―{ ー' }V\{ ,=ミ    ,=ミ、∨/`:|         |
    \>\\:\└― ´_  ̄人ハ_./}            / :{  :|:    |  |  |
.      〈     ̄ミー\   ー ´ /⌒) . {/\   「 ̄ヽ   {_{、 :|:::::|  |  |
       \ \     ̄ ̄ ̄  _〕 〈  ` ―三― 彡   丁 \|  |  }: /
      /   `ー――― ´ . / __\〉、 、____,    ̄ ̄〉__  \|/}/
      ∨二ニミ、______{/_   >:、______/\ ̄\\
      ∧   ヽ{ : : \ : :}: 〈/ }  /  }/  _}了´     }   ヽ \
      |:       乂_: :〉人/   \/ _./ ̄ ̄  !    /
      |: ∧     廴_: : : :人    /´   \r┐:/    :{         〉


╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

  いくつかの季節が過ぎ私達は中学生になっていた。
  私は体が強くなり、普通に登校できるようになっていた。

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

360 名前: ◆/b39qUVaw2[sage] 投稿日:2014/08/01(金) 10:26:53 ID:NS3.VemA0 [15/87]


     , ―‐-‐‐、        , --‐―‐、         , -‐―‐‐-、
  _,-|》《|} ,   、 《|}、     /.*   / ヽ       /   ,  ヘ  ヽ、
 ,イ , l/ノレハ/ハヽ〉ヾ、    l | |/lノl/ lヾl l       l  i レ'ハノハN |
 ノ,/ /(| | ┃ ┃ ||ハヾ、    .ヽ.lN´┃´┃l/、     |j | | ┃ ┃ | |
 ´ル/ハ| |、'' ヮ''ノリvV`    l二ヽ、 '' ヮ ''ノ 二l     'ハvN ''' ヮ''ノN!
    ⊂{| {.》《} |}つ    . l二二/(  》《 )ヽ二l     ⊂}| {.》《} |}つ
     く_#l_##j,ゝ    .   ( Cく_#l_##j,〉D )       く_#l_##j,ゝ
      (__j__)            (__j__)           (__八__)


╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

  ところで中学生というのは情緒の差が大きい。
  特に恋愛という側面では。
  恋をする子、恋に恋をする子、そして恋にまったく興味を示さない子。
  お馬鹿なまどかはもちろん恋にまったく興味を示さない子だった。

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

361 名前: ◆/b39qUVaw2[sage] 投稿日:2014/08/01(金) 10:27:17 ID:NS3.VemA0 [16/87]


.           /∧ _   -―――- __ /∧  ./ |
         / /            `ヽ }/、 │
  〈 ̄~¨>‐/7                \  \ !
.   〉./ //     /                 ∨  /ヽ
  ∠ムイ    /    /i              ∧  \
.     / / / /    / .|     ∧   |    ∨ 丶
    / / /    i_ /^゙ | |、   / ∨‐- !   } i
.   / / | :l   |: /xニ=、|∧ /リx=ニ、i |     | |  i   i
  / /  i| 八 │〃J゚:}  ∨  rJ:::゚}∨ l  | |  |   |
. 厶イ゙   iレ' l| .\N .V'ソ     Vnソ / ,^} ,/   ∧ }|
   |      l| i ハ/'/'/'    ,  /'/'/ / /ノl   /  ∨
   |∧ //レ| 込、     、  ,    / /  .!∧/
    ∨  「~∨゙;| >-/⌒Y⌒ヽ-<. / >、
.      〈   ∨|  _/   |  ; ∨/   }、
      / \   i/    .|  l |  /⌒ヽ、
        |⌒ヽ   〈     |  l | / ./ ̄i |
        |    ゙:, i |:    │  : | /   │|
        |     V^ヽ,、、  ¦    Li      /
.     〈     ∧    ''"´}{"゙''ー''"i      {


╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

  まどかは私から見たら可愛らしく魅力的な子だった。
  だけどその突飛な行動と幼い外見はあまり男子諸君には魅力的に写らないようだった。

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

362 名前: ◆/b39qUVaw2[sage] 投稿日:2014/08/01(金) 10:27:40 ID:NS3.VemA0 [17/87]


.            / {                    }    ,
      _    /         、_,、_,           ′,   _
     (( \/     ∧             ∧      \/ ))
        \、      /  \          /  ,       xぐ
     / \ .   /、   ≧=‐-  -‐=≦     ′   / \
.    /     ` 'く ))    i         i     (( ,.      \
  /        /¨´      | {    } |     `¨ \        ヽ


╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

  だけどそんな彼女に告白をした子もいた。
  「友達から始めて下さい。」
  「いいよ、友達になろう」
  本当に友達になった。
  もちろんただの友達に。

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

363 名前: ◆/b39qUVaw2[sage] 投稿日:2014/08/01(金) 10:28:07 ID:NS3.VemA0 [18/87]


       _
.       /;.:\   _ _ _       ,.-、
   ,、  l.:i `!.:|_,.:'´.: : : : : : :`:ー、/;.:、:|
   | \|.:! j.:´: : : : : : : : : `:´: : i.:/ j.:|
   |x-:y':_: : : : : : : : : : : : : : : : : : :/\|   ,.、
  /:|: /: : :`.:/:x‐: :/: : : : : : /_: :ー:|.: ;イヽi/_ノ
. /:,: : 〉;/.: : :/: : : ;イ: : : : ; : ∧: `: : |: :γ´ ̄`ヽ.
/イ: : :´|: : : /: :,/|: :, イ: :/ ∨: : :|ー'|: : : : : : : Y
 |: : : :|_,./.イ   |/ レ'    \: |.:/,: : : : : : : :|
. l: : : : :|: : | ===        === |ヾ'〃: : : : : : : |―-. 、
  l: :,:イ:|: :/::::::..       ..::::: |: : :||: : : : : : :ト !: : : : :.Y
  `'  `l.: :〉、     r‐┐      |: : /|:∧: : : :/.: : : : : : :|
.     ∨  ` t-.,_ _ ´ _ ,. .ィ|: :/,:'´: :ヽ: /: : : : : : : : |
           人      _  〈:レ':/: : :/: :`: : : : . . . . . .)
        ∧ ` ー - r'´/   |: /: : :/: : : : : /. . . . .ノ
         / .〉     | /   .ト、: : /: : : : : : `Yー'ー'´
       l  `7"Y γT ー--' |: :': : : : : : : : :|
       ト、_ /_ ノ  乂|  _.ノ|:'": : : : : : : : :|
        l.        ト、 ̄ ノ   |: : : : : : : : : :ノ
      /`ー ― - ┴- ̄- ― ト、: : : : : : ;イ
     `ーr-=.,_     __,.イ: : : :,.ィ'´
.       ∨  |  ̄|  ̄.∨`ー--‐'"
        ∨ .|   |  ∨
           ∨_|   |__∨
           ー'   ー'


╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

  彼はまどかの幼稚さを知らなかったのだ。
  結局彼の気持ちがまどかに伝わることはなかった。
  だけどもし私が助言をすればそれはまどかのはじめての恋になったのかもしれない。
  けれど私はまどかに助言する事ができなかった。
  しなかった、のではなくできなかった。

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

364 名前: ◆/b39qUVaw2[sage] 投稿日:2014/08/01(金) 10:28:32 ID:NS3.VemA0 [19/87]


           /\       /\
        //\\     .'::/\ヽ
         //  )::::ヽ-‐--':/   i::`、
       〃 '"´::::::::::::::::::::::::::::`丶i::::::;
        /:::::::/三三三三三ヽ:::::::::::::::::、
     /:::::::::f::::::ハ::::::::ハ::::::::::|:::::::::::::::::ヽ
      .':::::::::八::/ |ト、::::| ∨\l::::::|::::::::::::::
    i::λ:::::| ΤΤ \|ΤΤ l::::::|:::::::::::::::i
     |::ハ:::::| | |    | | |::::|::::::::::::::::l
    l!  |`::|  ‐'    ‐'  |::::::|:::::::::::::::::!
      |:::(___^____|::::::|:::::::::::::::::|
     i、 |::::(⌒)      (⌒):::::|:::::::::::::::::|
     |!∨             |ハ/ヽ::,へ::::::|
    /                    |   \!
.   /   i | ハ   |\__」     |     `ヽ
   /   i  十7 ', |  \|\|   |         i
  "7|  l  ハ/  }/      |   |     ト、|
   .' ∨ トト、 |≡≡ "  ≡≡ |  从     |
  ;   | | N             |   /入  __  |
  i{∧   | リ    「 ̄)   | / | 八| ̄
  |  ヽ ハ `ー┬―┬―┬ヒ'/  /  `
     }/ |/\.| r‐+ ―┴i¬、


╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

  それは自身の気持ちに踏ん切りがついていなかったから。
  まどかの中の一番は私であってほしかったから。
  私は私がまどかの中の一番である事を他人に譲れなかったのだ。
  それが例えまどかの為だとわかっていても。
  私もまどか同様に、いやそれ以上に幼稚だったのだ。

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

365 名前: ◆/b39qUVaw2[sage] 投稿日:2014/08/01(金) 10:28:55 ID:NS3.VemA0 [20/87]


         ,_::::::::::: ̄ ̄ ̄::`ヽ、
      ,/- 、//ヽ、::::::::::::::::::::::::::::::.
    /:::/:::/::::::`ヽ/!::::::::::::::::::::::::::::::::.
   /::/::イ:::イ::l:::::::::',::::',::::::::、:::::::::::::::',:::::.
    l::イ:/:l:::::ハ::,:::::::::l::::::l::::::::',::::l:::::::::::l::::::l
   l:イl::{:::ハ::l_ ヽ:、:::::l::::::l::::::::::,:::!::::::::::::,:::::l
   l::::ヽト、::', 二二、:!:::::l:::::::::::、|:::::::::::::,:::::l
   |:::{  ヽ:! 弋zツ/:::::,':::::::::::::l:::::::::::::::',:::::.
   l:::l   、'    /:::::/::::::::::::::::l:::::::::::::::::,::::::.
   ,:::.   ヽ- ,/:::/::::::::::::l::::::l::::::::::::::::::,:::::::\
   ヽ::、  -=`彡イ::::::::::::::::l::::::::l::::::::::::::::::ヽ:::::::::\
     `  /::::::::::::::::::::::::::,:::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ、::::::\
        /:::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::!:::::::::::::::::::::::::::::::\:::::\
    ,/::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::∧:::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ ヽ::\
_,...- ´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::ハ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ `::\


╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

  そしてとても後悔をした。
  結局私は大切な親友より自分自身が大事なのかと。
  自分自身がまどかの一番であり続けたいがためにまどかを裏切るのかと。
  だから次の機会があったなら私自身の事より絶対にまどかを優先しようと決意した。

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

366 名前: ◆/b39qUVaw2[sage] 投稿日:2014/08/01(金) 10:29:14 ID:NS3.VemA0 [21/87]


              _ . . . . _
           . : : : : : : : : : : : . ..    _
          '´ : : : : : : : : : : : : : : : ::. 〃 j}>-------<≠ミ  ≠
.        / .′: : : : : : : : : :  ‐ - :ハ{{/         {{  》-《 }}
        ′i_ : : : : : : レ'´. :'´: : : : : :`ヽ          ゞ彳  ヽリ
       l   _ . . : : :|/: : : : : /: : : : : } ./} ./      |  ′   }
        厂: : : : |: : :|: : : /: : /{: : : : : :}-/-| Λ_. -- .、|   }    \
          ',: : :/: :| : |:__:/:/:/ |:.Λ: /:Ⅳ j/ }/\j  |  ノ,/     「\
.         /: :/: メ |: : :|: /|/⌒ヽj/ ∨/j      _  \j イ.    N
       /: :/: /  |: : :|/、__,   '´i:レ'⌒ヽ   '⌒ヽ {  ,| j/ j/ |
        /: :/: /`ヽ」: : :| ,: ,: ,:  丶ノ | ,:,:,:,:  ,:,:,:,:,:,:,: { /jΛ .Λ∨
.      /: : :/:_:_:メ、: :ト .    ー ''ィ: : :ト .  v ァ   ィⅣ  }/ j/
     .: :/⌒ヽ/,   : ト . _ .ィ⌒ヽ: : : :γ⌒7=-   イ}7>-- 、
    .: : :/     '/,   :リ ノノ ,リ  }: : :i/  ,'Λ }}   j,'/     ‘,
 /: : :/      {厂 ̄\-/' } .′: :.ノ 厂\-/ ̄ ̄「       ',
': : : : ノ    ‘, {    ノ-}  } i  Ⅹ  {   } {    { ∨     〉
: :/:八 -    }  {__ . ィ/Aヘ.___} } /. :i ヽ{___ イA ,___{ 〈     ,′
:/:/: : :ヽ  `ヽノ      // } }  / : : :| ‘, // }}      '.     i
.:/: : : : : ハ   ‘     //   リ / /: : |  {//   }}       i   |
,: : : : : :/: }    }          / /: : : | ⌒`ヽ         |   |


╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

  またいくつかの季節がめぐり、私達は高校生になった。

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

367 名前: ◆/b39qUVaw2[sage] 投稿日:2014/08/01(金) 10:29:41 ID:NS3.VemA0 [22/87]


                    |
                \  __  /
                _ (m) _
                   |ミ|
                 /  `´  \
                        _.
              「ヽ __ -v .―――-、|i「く__     
            /|i/ : :|l.: : : : : : : : : :. :.|i|イ: : :`ーァ
       ー=彡: : : :/ :ノ乂 : : l: :ヽ:メ、:乂 : : : : :\
        / : イ,l :/レ' lll  \| \| lll\:.ヽ: : : : : :
          / : : /: !/.   |||      ||| l:\lハ: : : :\:ヽ
        ;/イ: 厶イ{ /// r───、// | : l' }ハ : : :.}ヽ}
          !/  l人    |      | ,ィ! : !   ルヘノ
                 ー ァ―zーァ弋. レ′
               /{_>介く__/ ヽ
                 ヽ  {:ハ:}  Y く
                   ノ }     ハ  ヽ


╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

  そしてついにまどかが恋を覚えたようだった。
  行動、言動ともに明らかにおかしくなったのだ。
  まどかが私の知らないだれかになってしまったような錯覚に陥るほどに。

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

368 名前: ◆/b39qUVaw2[sage] 投稿日:2014/08/01(金) 10:29:59 ID:NS3.VemA0 [23/87]


                       __
                   ´::::::::::::::::::::::::::::::::::丶、
                /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
.               /:::::::::///////////////ハ::::::::ヽ
               /:::::::::/:::::::::::/::::|::::::::|:::::::::|:::::|::::::::::::
.              /::::::::::|:::::::::::/::::::|:::::::::|:::::::::|::::::|::::::|::::::',
.              ,':::::|:::::|:::::::::/::::::::ハ::::::::|::::::::|.|:::::|:::::::|::::::i
              |::::::|:::::|::─|-|-、:| ::::::::|:::斗-|―|:::::::|::::::|
              |::::::|:::::|ヘ/  !:/.  \::|.∨  ソ |:::::::|::::::|
.              |:::::|:::::|   --       --   |:::::::|::::::|
.              |:::::|:::::| x===ュ     z===x.|:::::::|::::::|
.              |:::::|:::::|        ,        !:::::::|:::::|
.              |:::::|:::::|              |:::::::|:::::|
.              |::::::|:::::i::ヘ    マフ     .::|:::::::|::::::|
..               |::::::|:::::|/.> 、      , < ヽ|::::::|::::::::|
               |::  '|:::::| .|八 _`_ ̄_´ _ ノ.|||:::::|ヽ:::::|


╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

  私は内心の嫉妬を抑えながら応援する事にした。
  まどかの幸せを願って。

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

369 名前: ◆/b39qUVaw2[sage] 投稿日:2014/08/01(金) 10:30:24 ID:NS3.VemA0 [24/87]


         __ _
       .:::::::::::::::::::::::::::: :.
     /::::::; -――‐-ミ:::\
    /::::::/ , - ┬‐- 、V::::ヽ
   ./::::::ム..イ:::::::::::::!:::::::::::::ヽ::::::::.
  ,:::::::/:::l::::l:::::::l::::::ト::::l::::::::::}::::::::::
  l::::::|:::::|::::|::!::ハ:::::| l::ト::ー::A::::::l::!
  |;:::::|::::」;斗匕 }ハ:| レ x≠ミ';:::::}:|
  |!:::::l:::::lx==ミ   j!   廻} }::刈
  { l:::ハ;N  廻}     /l/l/ レ:::::|
   N:::::ト /l/l/l  `   u. j::::::|
   |::::::ハ u.   r   つ /l::::::|
   |:::::{:::个:::‐-、二 _ ,<」≧!::::ハ
   |:::::|:::::|:::::::::{二 TTニ二}::|::::l::::.
   |:::::|::√ ̄lil   { {   li|::::| ̄\
   |:::::レ    |iL ー-r v―-.li|::::|    ヽ
   |::/    「:::::::::::::{::::}::::::::::::!::リ
   l〈    ヽ::::::::::ィ介i、:::::::::レ      〉
   |:::\    个一 l:| |:| ー一个    ノ


╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

  だけど翌日まどかの意中の相手と思われた相手から私が告白された。
  まどかは相談かなにかをされていただけだったのだろうか??
  いつも見せないような顔をして私を困らせておきながら。

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋


                                     ~つづく~
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

わけがわからないよ状態だよなwww
FC2 Blog Ranking