FC2ブログ
目次一覧作成中です。ご意見・ご感想などあればどうぞ
最新記事
プロフィール

あきげ

Author:あきげ
「あきげ」という名前は、変な名前ですが、誰かと被る心配がほぼ皆無で安心だと思ってます

最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

やる夫はヒーローを目指すようです ストーリー案 【UGN編】

6662 名前:兄 ◆P2Lz/rSEm2 [sage] 投稿日:2019/07/20(土) 12:16:35.73 ID:kZx/4i36 [4/19]
ちょっと外出……の前に
以前作ったストーリー案を供養しておきます


没案というわけではなく
一応ウチのスレの世界観における正史で、
スレのストーリーの裏側では実際に起きている話だと思いますが
どう考えても描写したり描いたり投下したりする暇は無いので
設定案レベルですが、抱え込んだままにしてもアレなので供養させて下さいませ

6663 名前:兄 ◆P2Lz/rSEm2 [sage] 投稿日:2019/07/20(土) 12:17:24.49 ID:kZx/4i36
あ、お題は【UGN編】になります

6664 名前:兄 ◆P2Lz/rSEm2 [sage] 投稿日:2019/07/20(土) 12:17:36.84 ID:kZx/4i36 [6/19]



【UGN(アンダーグラウンド・ニューヨーク)】


                          |
                          |
                          |
                          |!
                         ,v'v
                             }f:i{
                             |iヨ|
                          r」iヨ|、
                       _,宀=宀,_
                       |三i]]]]i三|
                            _|三i]]]]i三|_
                       |i|i|i|::|:::|::|i|i|i|
                       |i|i|i|::|:::|::|i|i|i|
                      r'士:士士士'┐
             _  __ rf::::L..、.rl|iヨヨ|ョョョョョ|iヨヨ|      r:::┐
          fi=! _r|::::| . |└|::-:::‐:ト|::|iヨヨ|ヨヨ:ヨヨ|iヨヨ|、  r ┐|:::: |
─!       |:A」≡:::::::::::::!:::::i::i::::::|:|::|iヨヨ|ヨヨ:ヨヨ|iヨヨ|コユ_ノ:::::トル::::::1
:::::Lriv宀-::::::::'":|ヨ|:::::_;_:::::::::::::::::::::::::::::: |iヨヨ|ヨヨ:ヨヨ|iヨヨ|:::::::::::::::::::::::::::::::
:::::rル、i≡≡≡|:/=ヾ、|ニ!::::::::::::::::::::::::::::: |iヨヨ|ヨヨ:ヨヨ|iヨヨ|:::::::::::::::::::::::::::::::
::/7i>::|≡≡:::::|7加|:::iÅ::::::::::::::::::::::::::::: |iヨヨ|ヨヨ:ヨヨ|iヨヨ|:::::::::::::::::::::::::::::::
/=== >、。。。:::l|」=|_」iヨL:::::::::::::::::::::::::::::|iヨヨ|ヨヨ:ヨヨ|iヨヨ|:::::::::::::::::::::::::::::::
|=i:::i=|彡:::::::::: |ヨo: |::::::::::::||::::::::::::::::::::: : |iヨヨ|ヨヨ:ヨヨ|iヨヨ|:::::::::::::::::::::::::::::::
|::::::::: |iii|、::::::: |::::::::|::::::::::::||::::::::::::::::::::: : |iヨヨ|ヨヨ:ヨヨ|iヨヨ|:::::::::::::::::::::::::::::::
|┃┃|iココ:::::::: |::::fil|i<>il::::::::::::::::::::::::::|iヨヨ|ヨヨ:ヨヨ|iヨヨ|:::::::::::::::::::::::::::::::
|┃::::l|iコrヘ::::::l|::::|::::|::::|: : |::::::::::::::::::::::::: |iヨヨ|ヨヨ:ヨヨ|iヨヨ|:::::::::::::::::::::::::::::::
|::::::::: |。。|:|:!::::::|::::|::::|::::|: : |r=、:::::::::::::::「「!]]|]]:v:[[|[[!ココ::::::::::::::::/ ̄ ̄
|::::::::: |。:l|:|:::::::l|::::|::::: : |/二><7!:::::::::;」」::]]|]]iii [[|[[i」_」:::::::::::::::L__,

ニューヨーク地下に存在する巨大な地下迷宮都市で、存在そのものが都市伝説のような存在
いつから有るのか、誰が作ったのか等一切不明。
ある程度以上の深部からは野良精霊の存在も確認されており、極めて危険
ただ、最深部にはその危険に見合うだけの「何か」が有ると言い伝えられており
そのお宝を目当てに幾多もの調査隊が足を踏み入れているが、現在までに踏破したという記録は無く
調査隊も、その多くが生きては帰らなかった

それでも足を踏み入れ、探検しようとする者が後を絶たないのは
それだけの危険を冒すに見合う『何か』が最深部には有るためだと思われる。

前人未踏破である以上、その最深部の『何か』についても不明のはずなのだが
奥へと進まんとする者は、その『何か』について理由の無い自信を持ち、迷宮の奥へと進んでいく。
そして事実口にする
『根拠は無いけど、でも分かるんだ。この遺跡には、必ず危険に見合うだけの何かが有る』と



6665 名前:兄 ◆P2Lz/rSEm2 [sage] 投稿日:2019/07/20(土) 12:17:53.26 ID:kZx/4i36


【らたヴぁす】

lllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll
lllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll
lllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll
lllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll
lllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll
lllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll
lllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll
llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll__ _llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll/ ̄ ̄\llllllllllllllllllllllllllllllllllllll
llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll/´      ヽllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll/´     ヽllllllllllllllllllllllllllllllllllll
lllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll/       ヽlllllllllllllllllllllllllllllllllll/   { ・ } ||llllllllllllllllllllllllllllllllll
lllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll|          |llllllllllllllllllllllllllllllllll\,,__    __,,llllllllllllllllllllllllllllllllllll
lllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll: { ・ }     リlllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll ̄ ̄` llllllllllllllllllllllllllllllllllllll
lllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll`ー―――‐'lllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll
lllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll
lllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll
lllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll
lllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll
lllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll
lllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll

アンダーグラウンド・ニューヨークの深層に住むとされる”暫定的敵性精霊”
何故「暫定」なのかと言えば、「らたヴぁす」という存在を報告した調査隊が十数年前の「デロイア7」のみであり、
それに関する情報が余りにも不足しているからである
(もちろん他の調査隊も遭遇していた可能性あるが、記録には残されていないため憶測の域を出ない)

ただ、迷宮を踏破した調査隊が居ない事から、迷宮の深部に
【少なくとも侵入者と敵意を持つのであろう何か】が有る事は間違いないと思われ、
また、「デロイア7」は少なくとも第四層まで進んだであろう事が報告されていること、
同時に四層以降まで進んだ事が公式に確認されている調査隊が「デロイア7」のみである事から
前述の【少なくとも侵入者と敵意を持つのであろう何か】が『らたヴぁす』である可能性が非常に高いとされている

故に”暫定的敵性精霊”。少なくとも今は



6666 名前:兄 ◆P2Lz/rSEm2 [sage] 投稿日:2019/07/20(土) 12:18:07.05 ID:kZx/4i36 [8/19]


【デロイア7】

                    _/(/`ー'' ̄(
                     /⌒ :: : : : : : : : : : : :`ーミ
                  ト、|: : : : : :>-ッ: : :.、: : : : : : と,
                  |: : : : :./  ノハ)ハ( `'く: : : : : :.しi
             ト┘: : :./            '(: : : : : :ノ
                 〉: : : :/           V : : :(
             ト、: : :.{_            }: : : :ノ
             ヾ Y^}} ィうッ、 /  _,.=、 rJ : : く
              〉{ト,.}} `¬リ' .ィてクY リ^}: : /
              \从   〈/  、` ̄' 〃し'/
.     _____     /∧  ,._`"´ ,   /:イXノ
      /: :∩: :|: :||: :|.   /  ∧   ‐ ̄   ,イ:.〈
.     /: : :∪: :|: :ト===='ツ')'´) =≒_  , イ .厂´
    /─――>┴┴ / / ./ ',   ̄  ノ ,ム__
.   /: :>' ´ ̄ ̄`ヽ,./ / .∧__         ノ ∨ ∧_
  |/        { ' ノ"二ユ, ̄ ―  ッ-∨ ∧ `ヽ,
  |          l    ´ r. }        ∨ ∧ ハ
  |          |    |(ノハ,     l   ∨ ∧.  }
  |          |    |   ∧    l     '(二ニ) l人
  人         〉    .ノ     \    l    〕  〕j: : :\
. / : :\         / ̄:.:`'〈        >――‐<   ∨: : : :ヽ,
     > .  ./: : : : :: :/

精霊関係の遺跡・遺物専門の調査組織。リーダーのロッキー・アンドル(AA)以下
クリン・カシム、キャナリー・ドネット、チコ・ビエンテ、ビリー・ボール、ナナシ、フェスタ・ブロンコら7名で構成される
業界でも有名な調査チーム。
基本的にはトレジャーハンターのような存在で、何かしらから依頼を受け遺跡を探索することも有るが
お宝目当てに未踏のダンジョンに足を踏み入れることも多い。彼らにとってUGNは後者に当たる

それまで探索を試み、失敗してきた凡百の調査隊・精霊結社らとは違い
知識も実績も技量も折り紙つきである彼らによる挑戦は、前人未到のUGN攻略への狼煙であるかと思われた
事実、彼らは1層2層を超え、極めて危険な3層も踏破し、UGNに座する精霊結社が本拠を置くとされる4層へと辿り着き
それらからの攻撃もかわし、4層の、そのさらに奥へと足を踏み入れんとしていた

彼らのチームは探索班と待機班に分かれ、実際に遺跡を進む探索班を、拠点で待つ待機班が遠隔で援護する形を取っていた
今回の探索も同様で、1層の拠点にて待つフェスタ、ビリーと遺跡を進むロッキーらとに分かれ
順調にUGNの奥へと進んでいった。そして4層を超え、前人未踏のさらに先へと進まんとしていた矢先
拠点の通信機にメッセージが届いた

          lived
『 らたヴぁす が、居た』

その通信を最後に彼らからの連絡は途絶え、ロッキーらが戻ることは二度と無かった





6667 名前:兄 ◆P2Lz/rSEm2 [sage] 投稿日:2019/07/20(土) 12:18:16.14 ID:kZx/4i36 [9/19]



第一層

.     . ! .   _,  "|` 、   .l        /   ..:::::::::::
     l, ‐ '     l   ` 、l      /   ..::::::::::::
.      l       l.     l     /  ..::::::::::::::
ヽ.    l.      l     l.      /  .:::::::::::::::
 ヽ    l.    ._i_    .l     ./   .:::::;__;;.  /
  | 、  l_  ‐   l   ‐ _l    ./ ..::::::;;.|::::::L/
  | 、 . l.     !    ./     / ..::::::/ .|::::::|
  |.  、 /.   /  /    /_.::::/ . _」|::::::|
  |  |:::|⌒○  / _...○⌒|::_「     .|::::::|
  |  |:::|  ,.=_, '┌ . ~ | |. -‐'|::|_, -‐ '" !::::::!
  |  |:::| .:ll ||  | !  | |   |:::|:  ∥ ::|::::::|
  |  |:::| .:ll ||  | !  | |  .「|:::|:  ∥ ::|::::::|
  |  |:::| ,;ll ..||  | !,.  | |   !.! :|:  ∥ ::|::::::|
  |  |;;」.  _     `└'  -.L.l、. ∥ ::|::::::|
  |/ ‐       .          ,   `  、」::::::|
  ┘                       └‐-

迷宮の入り口付近を指す
前述の通り存在そのものが都市伝説に近いUGNであるが、
精霊同様「知る人は知る」「歴史の裏側で脈々と継がれてきた」存在ではあり、それは現在も変わらない。
入り口付近は迷宮と言うよりは現代の「地下通路」に近い様相をしており
言うならば「店屋の無い地下アーケード街」である
壁面がコンクリート状の場所が、この「第一層」であるとされ、
表の世界ではスラムですら暮らせない札付きや、裏街道の住人達が屯する。
精霊感応者も珍しくは無いが、精霊関係の知識が全くない者も少なくは無い
最深部に有る「何か」が精霊関係の産物だとアタリを付けて、ここを訪れる精霊感応者や精霊結社も多いが
多くは戻らず、あるいは必死の形相で逃げ帰り、二度とここを訪れない。

表層の住人達の多くはそういう「危険な層」にまでは足を踏み入れず
「第一層と地上世界」のみを生活拠点とする。
性質上多くの人が活動しているエリアであり、前述「店屋が無い」と記したが
それは「通常のアーケード街のような形での店屋」という意味であり
人がそこで生活を営む以上、ここで商売をしている者も少なからず存在する

完全では無いが地図が存在する。



6668 名前:兄 ◆P2Lz/rSEm2 [sage] 投稿日:2019/07/20(土) 12:18:33.55 ID:kZx/4i36 [10/19]


第二層

,,__  |            |. \____.', ─ l..── |───/───‐/ .|            |  __,,
 | ~"'' - ,,_.       |   \__', ─ l ──|──‐/ ──‐/   |       ._,, - ''"~ |
 |.       ~"'' - ,,_ |.     \_.', ─ l── |──/ ─‐ /|      | _,, - ''"~       .|
‐- ..,, _     |    ~"'' - ,,_ .|.. \ ', ─ l──|─‐/゙'─/  .| . _, - ''"~   |    _ ,,.. -‐
.    |..`゛¨ '' ‐- ...,, _.|.. ~"'' - ,,_| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:| ~ ..|._ ,,.  -‐ '' ¨"´..|
.    |           |  `゛¨ '' ‐- |                 |''''"´  |           |
.    |           |   _,..-‐'''"~|                 |..,_  |           |
.    |.    ._,..-‐'''"~ |,. ''",. '..|__________:|...,| ~"'''‐-..,_.    .|
.   __,..-‐'''"~  |.. ,. ''". l ,. '´|/                : : : :|, l ."'' ., ..|  ~"'''‐-..,__
'''"~  .|.     .,. ''" ..| ,. '´|./                 : :|.`' ., |.. "'' .,.     .|.  ~"'''
     | ,. ''" .|.   ,. '´.|./                    \.|.`' .,   .|. "'' ., |
  _,. ''" _|     | .,. '´ l /_____                     \ l `' .,. |     |_ "'' .,_
''"      |   ,. '´...|./_        >                ,. ''" \.|...`' .,   |      "''
.       | ,. '´ l /    __,..-‐<           ,. ''"'       \ l `' ., |
     ,. '´ .l / ̄ ̄ ̄        \            ~""''' ‐- ...,,___\ l. `' .,
   ,. '´ _| /                                        \ |_ `' .,


第一層よりさらに奥深くへ進んだエリア
分かりやすい点としては、このエリアから壁がコンクリート状ではなく石造りの壁のような様相となる
それ以外は大した変化は無く、第一層に比べれば数は減るが居住者も多少は居る

が、この層に留まり続けるのは賢明とはいえない。
理由は2つ。この階層の深部からは踏み入れるたびに地形が変化するため地図すら存在しないこと
そして、後述の第三層との「外見上の差が無い」事である
                 ~~~~~~~~~~~~~~~~~

表層部に限り地図が有る




6669 名前:兄 ◆P2Lz/rSEm2 [sage] 投稿日:2019/07/20(土) 12:18:45.14 ID:kZx/4i36



第三層

,,__  |            |. \____.', ─ l..── |───/───‐/ .|            |  __,,
 | ~"'' - ,,_.       |   \__', ─ l ──|──‐/ ──‐/   |       ._,, - ''"~ |
 |.       ~"'' - ,,_ |.     \_.', ─ l── |──/ ─‐ /|      | _,, - ''"~       .|
‐- ..,, _     |    ~"'' - ,,_ .|.. \ ', ─ l──|─‐/゙'─/  .| . _, - ''"~   |    _ ,,.. -‐
.    |..`゛¨ '' ‐- ...,, _.|.. ~"'' - ,,_| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:| ~ ..|._ ,,.  -‐ '' ¨"´..|
.    |.        ゝヽ、M, ‐'ニ、_   |                 |''''"´  |           |
.    |.     <";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ゞ                  |..,_  |           |
.    |...... /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\ _________:|...,| ~"'''‐-..,_.    .|
.   __,..-‐' /;;;;;;;;;;: ‐ 、;;;;;;;: ‐ 、:;;;;;;;;;;;ヽ             : : : :|, l ."'' ., ..|  ~"'''‐-..,__
'''"~  .|.  〈;;;;;;;;i (o ) l;;;;i (o ) l;;;;;;;;;;;;;l             : :|.`' ., |.. "'' .,.     .|.  ~"'''
     | ,./⌒`i;;;ヽ、_ノ;;;;;ヽ、_ノ/⌒`i;;!... ~~.            \.|.`'. ゝヽ、M, ‐'ニ、_...|
  _,. ''"....VVVゝ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;VVV;!_   ~~               <";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ゞ....,_
''"      |... ヾ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、/`i. >                ,. /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\...."''
.       | ,. '´゙Vヾ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、/VV               ,. ''"'..゙/;;;;;;;;;;: ‐ 、;;;;;;;: ‐ 、:;;;;;;;;;;;ヽ
     ,. '´ .l / . ゙\VVl/.     \            ~""'''.....〈;;;;;;;;i (o ) l;;;;i (o ) l;;;;;;;;;;;;;l
   ,. '´ _| /                              /⌒`i;;;ヽ、_ノ;;;;;ヽ、_ノ/⌒`i;;!... ~~
                                    VVVゝ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;VVV;!..... ~~
                                      ヾ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、/`i
                                       Vヾ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、/VV
                                            ゙\VVl/


第二層のさらに先。外見上は大差が無いが、ここから先には大量のクリボーの精霊が彷徨っている
彼らは非常に好戦的であり、迷い込んだ人間囲うように集まってきては、その体に触れて機雷化する。
第三層に踏み込んだ探検隊や精霊結社は概ねここで命を落す。
命からがら逃げおおせた者も、”来た道を戻っているはずなのに知らない道へと迷い込む”という謎の現象に見舞われ、
                    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
やがては再びクリボーの群れに囲まれ、あるいは力尽き、命を落す
俗に『迷宮変化』と呼ばれるこの現象の原因は謎である。

不思議な事に、この階層には居住者がそれなりに居る。恐らくは2層以上に。
ただ、第三層でもそれなりに深部へ進んだ箇所に住んでいるため、クリボーの大群に進行を阻まれるような者達が
この層の住人達と出会うことはまず無い。

なお、住人達が住むエリアにも当たり前のようにクリボーは出現するが、何故か住民達は襲われないらしい。
どうやらクリボーの出現しない「安全」なエリアも有るようだが……


地図は無い。有っても意味が無い




6670 名前:兄 ◆P2Lz/rSEm2 [sage] 投稿日:2019/07/20(土) 12:19:16.07 ID:kZx/4i36


第四層

               | |            .|   |  x<  >'" l_|ニニニ|  「`|
          _,.. -=T | | ̄ 丁  T   ┬-- .|   |<  >'"  /, '.. :  _.|. .|__|
 _,,..  -= T~ ̄ |  | |..| |   {  .|   .l   .|   | >'"   /. ' :.. ..._ . : | ⊆⊇
  |   |   .|    .|_,.. -‐| | ̄ ~  ―- '―- |   |"     .// :.:. ._: ..:. _:...|.  |└「|
  |   |_,,.. -=  ̄     | |            .|   |    //... :..    __ ,.|   ̄Ll
_,,. -  ̄               | | ̄ T  ┬-- ,,_|   |  // ..:    . ..   :. |
         _,, ┬: T | |   ,|____|_,|____|   | // :. :.,...  _    _;,;. |
     _ -r'~ |  |_,,. -=|,_.| ̄二______rヒ,.__,|、/ :. ..:., .:.:.,, _ :.:._  :.|
-‐ T ̄ |  | _,, -,,x<^}_}‐-    ..,,____,|―--|-| ..: ... ::. . .:.:   .. ,., .  __|
l   |  _,,. -''~,,x<  >'. :. ......:..._ :.:...:.. ...:.. ――イ .:. .._ :.. ._ : ...:. _:. .:. __:.. |
  _」=-'~,,x<  >''"_:. :._ :.: ._ :..._  :....:. _, :.:... __ :...__,  :. :..   _    ,..|
-''~ ,,x<  >'" :.. :....:. _, :.:... __ ._  :... :..._  :....:. _, :.:... __ :...__,  :. ..|
,,x<  >''" :..._  :..._  :....:. _, :.:... __ :...__,  :. :..   _   :....:. _, :.:...   |
  >''"  :....:. _, :.:... __ :..._  :.. :....:. _, :.:... __ ..:. _, :.:... __ :...__,   :.   |
 '" :. : :....:. _, :.:... __ ..._  :....:. _, :.:... __ :...__,  :. :..   _  .._  :....:. ,.|
  :... __ ._  :... :..._  :....:. _,:....:. _, :.:... __  :....:. _, :.:... __ :... __ : ... _ _ .|
:....:. _, :.:... __:... __ ._  :... :..._  :....:. _, ... __ ._  :... :..._  :....:. _, :.:... _ |
 .. __ ._  :... :..._  :....:. _, :.:... :... __ ._  :... :..._:... __ ._  :... :..._   : .. : .|
:....:. :... __ ._  :... :..._ :... __ ._  :... :..._  :....:. _, :....:... __ ._  :... :..._   :.|

三層の居住者も見かけなくなった先に有るエリア
相変わらずクリボーは出現する他、外壁に「柱」が見かけられるようになる。
この四層から先は、精霊結社がナワバリとしているとされており、
先の第三層の居住者達もその精霊結社の人員。あるいは信望者では無いかと言われている。
いずれにせよ、このエリアに足を踏み入れ、かつ帰還した人物が少ないため、このエリア以降の情報は極めて少ない。
ただ、「デロイア7」からの報告によると、ここをナワバリとする精霊結社は侵入者に対し攻撃を仕掛けてくるという報告がある。
恐らく侵入者を先へ進ませないため。……あるいは生かして帰さないためか
その目的が、この先にある「何か」の独占に有るのか、それとも保護に有るのか、それは彼らにしか分からない

このUGNに入る時から感じていた「ここには何かが必ず有る」という感覚が
ここに足を踏み入れる頃には確信に変わる
『ここの奥には物凄い”何か”が有る。もう間違いない』と




6671 名前:兄 ◆P2Lz/rSEm2 [sage] 投稿日:2019/07/20(土) 12:19:33.13 ID:kZx/4i36



第五層

       | |  | | | || | | | |l  ||         ||  l| |  | | || | |  | ||
       | |  | | | || | | | |l  ||         ||  l| |  | | || | |  | ||
       | |  | | | || | | | |l  ||         ||  l| |  | | || | |  | ||
       | |  | | | || | | | |l  ||         ||  l| |  | | || | |  | ||
       | |  | | | || | | | |l  ||         ||  l| |  | | || | |  | ||
       | |  | | | || | | | |l  ||         ||  l| |  | | || | |  | ||
       | |  | | | || | | | |l  ||         ||  l| |  | | || | |  | ||
       | |  | | | || | | | |l  ||         ||  l| |  | | || | |  | ||
       | |  | | | || | | | |l  ||         ||  l| |  | | || | |  | ||
       | |  | | | || | | |  ̄  /       \` ̄´ |  | | || | |  | ||
       | |  | | | || | | |    /        \_ _ _|  | | || | |  | ||
       | |  | | | `¨ ̄´  /               \ `¨ ̄´  .| |  | ||
       | |  | | |     /                \_     _| |  | ||
       | |  | | |    /                       \_  .| |  | ||
       | |  | | |   /                      \_` ̄ ̄¨´
       | |  | | | /                        \___
       ` ̄ ̄ /                                \ _____
          /                                 \ _
      _ _/                                   \_ _

(少なくとも公式的には)前人未踏のエリア。『デロイア7』の面々はここまで辿り着いたかもしれないが
少なくともここへ辿り着き、「戻ってきた」者は居ない

一説によれば、迷宮の最深部には神殿の様なものがあり
そこには強大な精霊が封印されているとされるが、確証は無い。
先のエリアを居城としている精霊結社も、その神殿を守っているのか、あるいは彼らもまたその神殿を探しているのか
またあるいは神殿というのがそもそも虚実であり、別の「何か」を追い求めてそこに居るのか

ここは注文の多い料理店。冷やかしの客はお断り







6672 名前:兄 ◆P2Lz/rSEm2 [sage] 投稿日:2019/07/20(土) 12:19:49.75 ID:kZx/4i36 [14/19]



【らたヴぁす――/真名 The DEVILS AVATAR(武装錬金)】

                                                  ̄/
               /                               /  /
               / /                          '    /
               / ,                            /    i
             /  /                            /   ⌒ヽ
.           /  /                           i   、 ○ 〉、
          /                               | 〈i       ,, ‐ァ
.         /    '                            |   弋r   _〈
        /     i                            、   \ ---〔
         /    |                           / /\     ̄ ̄)
       ,                         _   へ' ̄ \///>  _ √ =---- /
        i      ',                     /ニニニニヽ:.\  \ハ_≧=-------
        |      ',                    __/ニニニニニ :. :.\イ:::::∧ニ≧ 、
        |                     /ニニ\ニニニニ_:. :. :.V:::::|:. iニニ \_
                、           〔ニニニニヽニニニ=\:. :.|:::::|:./ニニニニニニニ>ー‐、
.                    \           /ニニニニ/{ニニニニニ\:、ノ/ニ_>―‐、へ<ニニニニ\
         ',   ) _  ̄\     /ニニニニ/   、ニニニニニ≧''ニ(__ / 彡 ヽ }_}ニニニニ /
         、 / /   >-  \   /ニニニニ/    ヽニニニニニニr ''  イ _   /ニoニニ=7
           ∨ 人/    >ー \_ニ> -</       '/ニニニニ r_,, ≦--r____ ノニニニ=--'
           、  {  /    /  \     〉        rニニニニニ{oニニ|     \彡' ̄
           \ ∨     /   /  /、       人ニニニニニ|ニニ=|
              /\   ,/   /  /      _ ,,/ニ \ニニニニ、ニニ、           /
          r 7'   \ノ     /   / へ |  | `<ニニニニ≧=-o /}ニニ /       /
          / / ({___/    /     /  / /ミ /     <ニニニ /: : /ニ/_     /
        / / ,//    /    /-=彡' /            ̄ ̄ ̄ ̄ ̄       /
        /  /-=彡   /    /=- ___ /           ______     /
     ∧  乂_    彡    /    / 7=-----<       ̄ ̄       /

UGN最奥部。第五階層の神殿のさらに奥に座する最高位精霊
かつて『デロイア7』が「居た(lived)」と連絡した精霊、「らたヴぁす」そのもので有り
”倒(逆しま)”を司る邪神であり、かの太陽神と対を成すとされる大精霊である。

その真の名は「The DEVILS AVATAR」
実を言うと、『デロイア7』も「らたヴぁす」などと言う精霊を報告したつもりはなく
ロッキーは確かに「DEVILS AVATAR」という、この精霊の名を送信したはずであった。
が、それが計器の誤作動なのか、あるいはAVATARの力に引き寄せられた『ヴェルズ』たちの波動に影響を受けたのか
いずれにせよ送信したはずのデータは、間逆の文字列で送信され
それを第一層で受け取った『デロイア7』が

 らたヴぁす が、居た
「RATAVAS  LIVED」 と解釈してしまったが故の誤解に過ぎない。
また、このUGNに足を踏み入れた者が持つとされる「根拠の無い”奥に何かが有る”という自信」の正体も彼である
                                                   シャドゥ
厳密には、その”自信”の正体は、この精霊の力により生み出された、”侵入者自身の影” の声であり
”その侵入者自身の心の声を模して、この精霊(の力の一端)が語りかけている”という代物
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
侵入者からすればそれは、”自分自身の心の声”にしか思えず
                 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~
故に”根拠の無い自信”となり、彼に近づけば近づくほどそれは”確信”へと変わり、自ら彼へと近づかんとする事となる
    ~~~~~~~~~~~~~~~                         ~~~~~
―――そして命を落とす。その一連の過程そのものが、封印状態にある中での、彼の「食事」であり
本来UGNは言わば、極めて大掛かりな蜘蛛の巣である。


なお、彼の本質は先にも書いたとおり「倒(逆しま)」であり、相対した相手に応じた姿を取る為、本来は固有の姿を持たない
が、今日に置ける彼は、かつて起きたとされる精霊界全土を巻き込むとされる大戦にて
彼を打ち倒したとされる「太陽神」に肖り、「月」の姿を好んで用いている。
用は、この「月」を模した姿は彼の本当の姿というわけではなく、”気に入っているアバター”のような物である




6673 名前:兄 ◆P2Lz/rSEm2 [sage] 投稿日:2019/07/20(土) 12:20:24.08 ID:kZx/4i36 [15/19]


【嗤う月/Pink Side of the Moon】

                  -―=‐-                               〃
                      ̄`ヽ  `> 、                イ、 丿{    ィァ=‐
                       \    \             ハT ̄{ / 7{ {-ァ'"/- 、
                            丶     丶.            { ! 丶 {:{ { i !' 〃 ....... `ヽー _
                              ヽ    丶          { ゝ、__入、丶i :{ /;彡=- . ヽ、、ー- .. _
                            ',     ヽ.     _. イゝ、__` .二 ー_-`; 彡r‐、= 、丶丶、` <、― ''´
              、、            {     ∧.  ` ̄、´  ̄_.. -‐ァ: :¬ー:ー:::'ミ_ヾ`゙、 \ ゛、\`\
.          ィ二ニ= 、  \ 、           }      ∧..  /  ,.彡-、‐く: : : .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::`ヾ ゛::.、ヽ 、ヽ丶、‐-
      / / ,, `ヽ゛,   ヽ\       . イ       {..∠ミz /ニ ___、゙、 ',: :.:.:.:.:.:.:.:__:.:.:.:、:.:::::゛、:.、 ゛, 、 } } } 、
.     / ′ {{、  j リ   丶 ゙\、  r<-‐ 、       }.   / /=二__ Λヽ{: : .:.r_''y ‐、V:ヾ、:.:::::': ゛:.、 } } / .゙ .゙ .. \
      j  {  ゝニ彡'′    ∨  ` フ /アヾ゙、     j {. 〃ィY´r、ヾ:´: :´ : : : : :.:弋'_フ,〉:.:.:.:.:.::::::': ゛:.、 } !' / {‐ヽ `ー '
.      { ! \          }  -≠彡=、(◎゙,      / }.゙'-‐: j.{: {: :〉:. : : : : ; : : : : :`:.:´:.:.:.:.:.:.:.:.::::::'. l ', !./  ハ ′
.     ∨ 、  \r 、    ヽ、く    `‐ `   ゞ\     ′リ / /| }: }:´:. : : : : {'!: : : : : : : :.:.:.:.:.: : ';:.:::::::',! } ' ′.′}
      ∨ 、  | {゛、 ,ィ"^\、    -=‐- ..__   ヽ    /. ⌒、}ハ丶;.: : : : : 弋' 、: : : : : : : : : : : 〉:.::::::! / ゙  / ゛!
       ∨   ! ゙、/´\/^\;__―-、_ ,,..`ヾ ´  /.    } .;\!:.: : : : : : \'>、: : : : : : :.:./:.:.::::::!イ/,、 /{  ′
          ヽ   \ 丶/⌒>=〆 /7>‐''´ ィ"   /.       j:/: :∧: : : : : : : : :\!>- :; _: : :.:.:.:.::::リ⌒} j′
           ∨:、 丶 ー∠....,,∠>=‐'´  /´    /       j/ : : :.:゛、:. : : : : : : : :`:<∨ハ'ア:.:.:::シ   ′
          `ー-= _              /´         /: : : : :.:.::丶:. : : : : : : : : : : : ̄:.:.:.::/
               `ヽ= _      _彡'´           /: : : : : :.:.:.:.:.::\:. : : : : : : :.:.:.:.:.:.:/
                    ` ー=´.             _. イ \: : : : : .:.:.:.:.:.:.:.:\:.:. : : :.:.:.:.::/
                                -ァ ニ   ゛、   丶、: : .:.:.:.:.:.:.:.:.::>:.:.__::/
                                /⌒ヽ     \ 、  / 丶、:.:.:.:.:.:.:.:.::: '
                                    ゙ハ    ヽ ` 、゛ ゛:.:.:.:.::/
                                     }.:.     丶   \  ',:/(
                                     ゞ゛、       〉丶 丶 ー-‐ヘ、
                                       `\  / ゙、 :゙⌒\、‐'⌒\、
                                        ヽ/    ゛、',:.   .:}

UGN第四層に居を置く精霊結社。第三層に”信望者”たちを住まわせているのも
第三層、及び四層を一部区画を除き『クリボー』の増殖体の群生地帯にしているのも彼らである

構成員と信望者には、「嗤う月」のエンブレムが配布されており、このエンブレムを身に着けているものには
『クリボー』達は攻撃を行わない。
彼らは『DEVILS AVATAR』に利するために存在している組織であり
一見すれば、その見返りとしての独占が目的のようにも見えるが、その裏には別なる目的が見え隠れする。
故に、真なる目的は不明
ただ、恐らく「嗤う月」とは『The DEVILS AVATAR』の事を示している。
”嗤う”のは月。では、嗤わせているのは……?
 ~~~          ~~~~~~~~~~~~~




6674 名前:兄 ◆P2Lz/rSEm2 [sage] 投稿日:2019/07/20(土) 12:20:34.76 ID:kZx/4i36


【お市/餓鬼姫様(戦国BASARA)】

                 , --――‐-........_
               ,...´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`...、
             ./:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`.、
             /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`.、
            ./:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
            i::::::::::::::::::::i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::‘
           .i::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::i:::::::::::::,::::::::::::::::::::::::::}
           |::::::::::::::::::::|:::::::i:::::::::::::::::::|:::::::::::::i:::::i:::::;::::::::::::::i
           |:::::::::::::::::::;|:::::::|:::::::::::::::::::|::::::::::::|ー--...__i:::i:::/
           |::::::::::::::::;:;:|::::::::i:::::::::::::::::::i::::::::::::| ` 、 /
           |:::::::::::::;:;:;:;:i::::::::i:::::::::::::::::::i::::::::::::i ミ==ゞ i
           |::::::::::;:;:;:;:;:;:i:::::∧:::::::::::::::::i:::::::iヽ.i     i
           }::::::::;:;:;:;:;:;:;:;i:::::::∧:::::::l、::::i. ̄       i
           /::::::;:;:;:;:;:;:;:;:∧:::::::∧:::∧ヽi   __   / ̄
          ./::::::::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;Λ::::::::Λ::Λ     7 ̄
         /::::::::::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:∧:::::::::∧ーヽ _ /
        ./::::::::::::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;∧::::::::::へ:::::::::::::i
        /::::::::::,...-‐. . ̄ ̄`. .‐∧::::::::::::::\::::::::}
       ./::::::::/: : : : : : : : : : : : : : : >、::::::::::::i:::::ノ
      /::::::::/: : /;: : : : : : : : : : : : : : : i:::::::::::::|:/\
     ./:::::::V: : /;;;;;: : : ;;;: : : : : : : : : : :|:丶、::::|::::  i
     /::::::::::::i: :/: : :;;;;: : ;;;;;;: : : : : : : : : |: : : :`.―‐-.|
    /:::::::::::::::|:/: : : : : ;; : ;;;;;;;;: : : :;;;; : : ;|: : ; : : :\| `、
   /:::::::::::::::::::i: : : : : : : : : : ;;;;;;;; : : :;;;;::;;;| ;;;;;: : : : : :\ `、
  /::::::::::::::::::::::ヽ: : : : : : : : : : :;;;;;;;;: : : ;;;;;;;;;;;;;;: : : : : : : :\/

『嗤う月』に仕える精霊。精霊としての名は《ウォール・シャドウ》
元々は醜くい上、自我も薄く、闇雲に相対者を襲う下等な精霊、《シャドウ・グール》であったが
『嗤う月』の盟主に捕獲され、UGNを構成する《迷宮壁-ラビリンス・ウォール-》との融合実験の被検体とされ、現在の姿となる
実験そのものは彼女の意思と関係なく行われたものであるが
結果的に現在のような整った容姿と、確立した自我を得られることが出来たため
盟主には純粋に感謝しており、彼の手足となり働くことを恩返し、もとい無上の喜びとしている。

UGNの壁に潜行し、自在に移動する力を持ち
第一層から第四層まで彼女が動けない場所は無い。潜行せずとも移動は可能だが
潜行移動の移動速度が極めて速い事、潜行しない移動では人間並みの速度しか出せないことから
多くの場合彼女は潜行移動で移動する。
なお、あまり迷宮は彼女にとって本体の一部であり、あまり迷宮から離れることは出来ない。具体的には地上に出ることは出来ない
(第五層はどうやら迷宮の”外”らしく、彼女の力での移動は出来ないが
 潜行移動が出来ないだけであり、地上とは違い歩行で第五層へ行く事は可能)

主な任務は侵入者の監視、及び信望者の管理であり、場合によっては侵入者の迎撃や捕獲も行う




6675 名前:兄 ◆P2Lz/rSEm2 [sage] 投稿日:2019/07/20(土) 12:20:46.21 ID:kZx/4i36


【KOS-MOS(Xenosaga)】

           / : :/: : : :.:/   / /     \ヽ    ∨: : : : :ハ
           ,': : :,': : : .::/    ! {          } }    Ⅴ: : : : :ハ
        ': : :,: : : : :,′   i八       ノ /     !: : : : : ハ
          |: : .:i: : : : l    ゝ、`< ___ >´ノ       l : : : : ::ハ
        /|: : .:l: : : : l≦三三ヽ、ゝ __ ´_ノ三三≧|: : : : : : :l
        / |: : .:|: : : : |>-‐、 ヾ、≧ー---‐≦/ ,イー-<! : : : : : :|
        :{ | : : l: : : : :!卅|ーニ>..__`ー-一´_..-=≦竺刈: : : : : ::l
      :l !: : :|: : : : |八州卅ミメヽ`ーr一´ ィ卅ナメミ}: |: : : : : :.:.|
       Ⅵ: : :|: : : : |小《'{ト::{j:::ソ`ヘ ,ノノ   'ト:::{j:::ソ》 !: |: : : : : :.:.|
       7 : : |: : : : |: 入 ゞ=='     ::.    ゞ==イ'/: : |: :: :: : : ::|
       |:|: : :l : : : :ト:.、         :::        ム :ノ!: : .: : : : l
        | l: : :| : : .:.:ト ヽ、       、 ,       ノ:イ::l::l:: :: : : : |
         |::|: : :l:: : :.:ハ:::ヽ`      _  _     '" /: :/:/:: : : : : ll
         l::l:. :.:|: : : :ト、∨:\      ̄二 ̄`   /: :/:/: l: : : : ::|:!
         !::l: : ::i: : : :l::ヘ:Ⅵ:イ:> .           イ、:: ;/:/: :/: : : : ;' :|
       l: :i!: : :!: : : |: : \:(≧x丶、    _..'´x≦)/:イ!::/: : : : :;':: :l
       !: :|!: : :!: : : l: : : : 乂`::<:::::::.ニ´:::::::>''´ム: :イ/: : : : :/: .:.:|
      i|: ::|::.: :.!: : : |_..<::::`丶、>γ⌒ヽ:イ__ イ:::::∨: : : : :イ: : : :!
      |!: ::l: : :.|: : : :!__ .ノ:::::::::::::::::::{     }:::::::::::::::::/ : : :./:.!: : : :|

『嗤う月』の最高幹部であり、盟主の片腕にして切り札
して、その正体は盟主の作ったデュエル用ガイノイド。もとい自立型デュエルディスクであり、
5枚の加護持ちカードをベースに作られた『精霊人形』とも言える産物
なお、ベースカード以外にも幾多の加護持ちクラスのカードが使用されており、複製・量産などは不可能な一点ものである。

盟主が実際に『嗤う月』の構成員の前に姿を現すことは少なく
実際の指揮命令などは、盟主の命を受け彼女が代行して行う

そのボディや機能は対高位精霊を想定して作成されており
通常の人間では耐え切れない闇のデュエルのダメージにも耐え得る他
対高位精霊用の極めて強力な結界を自力で張ることが可能

彼女の存在は、『嗤う月』の最終目標に集約される。
来るべき戦いの為に生み出された決戦兵器。それが彼女の存在の全てであり、戦う理由である。




6676 名前:兄 ◆P2Lz/rSEm2 [sage] 投稿日:2019/07/20(土) 12:21:05.80 ID:kZx/4i36


【ロード・アヴァン・エジソン/エジソン卿(紫影のソナーニル)】

            / / / 彡 ´        `  ゛      >
              {// '_´__ ‐-   \    \ \ \ \ ` ー-
            /{〃{ { //〃: ':⌒\ ミ ', `、 丶 \ ′   \ミ \
         { .‐-=⊥ ': : : : : : : ,.\゛\,  \ ゛ \   丶 ゛    \
            \\ミ ミ  、: :/: :_: :∨、   ',:\      \', \ \ ミ 、
            ` ミY: : : /> ア: : : Ⅵ\  : : :',}/:`ヽ  ヽ    丶
                 j : '':{,:仭/: : : : : : : : :Ⅵ! : : 〈:ー:、:} Ⅵ   !\,
                  ` : : ': : : : : : : : : : :.从!: : : :〉:.ヽ' /r    、!
                ′: : : : : : : : : : : : : : : : : : : 〈ノ; /:ヘ,  , } `
              /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :{=イ : : : :} / ′
                ‐- 、: : : : : : : : : : : : : : : : : : ,:.! : : : : : Λ
                 !: :r   ̄ : : : : : : : : : .:/.:!.:!: : : : : : :∨
                    `i ´ : : : : : : : : : : : ≪.:イ: jI斗   ¨” ̄〉 、
                     ヽ: : : : : : : : ≪.:/: : /      -=ニ/  ゛
                      : : : ,: <.:.:.:. /.: : : /.′ <   . /     Λ__
                    ` ー=ニ⌒'、ゝ: ://"     / /       Λ     ̄”¨
                          /:::\{__/ . : / - ′        〉      ̄
                            |   />'―< ´/ 〃_      /  /
                           l /Y     / 彡 ´/    ̄   ‐-、   l
                          |/ λ   /  //       =‐ /  |
                          / _}_≠{ ノ ´/         /    !
                           /o|Ⅹ| リ〉  ′          /
                            / 从/〃!  /        /     l

精霊結社『嗤う月』の盟主にして王。UGNの事実上の支配者である。
金融街の会員でもあり、所属ランクはプラチナ。年齢は不詳
プラチナ会員の中では比較的古参であり、資産的にも実力的にもダークネスへの昇格は可能であるかと思われるが
彼にとって金融街はあくまで「『嗤う月』の活動費を捻出する場」であり
維持費用も、恐らくは参加者のレベルも跳ね上がるであろうダークネスに上がるメリットを見出せないことから
プラチナの座に留まり続けている。(なお、この方針は親交のある在全ナギからは「賢明」と褒められている)

UGNの現在の形は、ほぼ彼が作り上げたものである
具体的には「DEVILS AVATAR」の影響か、UGNに元々自生していた《クリボー》を増殖化し、第三、第四層を危険地帯にしたのも
迷宮を《迷宮変化》させ、侵入者を生かして帰さない仕組みを確立したのも彼であり
その目的は『「DEVILS AVATAR」に辿り着くエサの量を管理する』事にある

彼が管理する前のUGNは、波は有るものの、自力で第五層まで辿り着く者の数はずっと多かった
『DEVILS AVATAR』の食事は自己の力を取り戻すためであり
取り戻した暁にはニューヨークはおろか、下手をすれば米国全体、あるいは世界レベルの危機に陥ると知った彼は
それをさせないため、時間稼ぎ件DEVILS AVATARのいずれの討伐を目的として『嗤う月』を設立した

『DEVILS AVATAR』に、直接侵入者が辿り着く可能性を極限まで減らし
エサとしては、自前の「信望者」を定期的に供給することで、『DEVILS AVATAR』のパワーを有る程度調整。
同時並行で『DEVILS AVATAR』の力を調べ上げ、その撃破が可能な決戦兵器を作り出し
必勝の形を持って撃破する。これこそが『嗤う月』の真なる目的であり、KOS-MOSに与えられた至上の命題である。

無論、その事に『DEVILS AVATAR』が気付いているであろう事も彼は気付いている
故にこれはチキンレースである。互いの手札をどれだけ増やし、どれだけ相手の裏をかけるか
だからまだ彼はDEVILS AVATARに挑んではいないし、DEVILS AVATARも彼を排してはいない。
戦いを少しでも先延ばしにすることも目的の1つならば、『嗤う月』の目的は既に達成されているとも言える。
とはいえ、時間の経過は不確定要素を呼び込む笛の音である。時間の経過は恐らく彼に利しないだろう。
その事はDEVILS AVATARも理解している。だからこそきっと、”まだ”彼を排さない



6677 名前:兄 ◆P2Lz/rSEm2 [sage] 投稿日:2019/07/20(土) 12:23:13.61 ID:kZx/4i36


以上

ちなみに本ストーリーには分岐が3パターンほど有ります

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃  【いざ『DEVILS AVATAR』と決戦!】   . ┃
┗━━━━┳━━━━━━━━━━━━━┛
          ┃
          ┃
    ┏────────┓呼ばない。独力で戦う→
    │  増援を…….  .┝━━━━━━━━━━━━━━━━┓
    ┗────────┛            ┏━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━┓
          ┃手配する。            ┃  『嗤う月』全滅!邪神大復活の大惨事 ルート ┃
          ┃万全を期す           ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
          ┃  ↓
          ┃
          ┃
          ┃
          ┃                     __
          ┃                       , '´_ .二二.=-、
          ┃                 ,.ヘ  / /´ -‐…‐- .`\
          ┃              /  ∨ ノ ! !::_!:_」_」_」i::.i |ヘ
┏────┸─────────.\  | :i | | |ノ    `ヽ!、ハ::!.──┓
│  在全ナギに依頼。           `ヽ|  YハiN●    ● '::::N.    │
│  彼女から、                |i (| ⊂⊃ 、_,、_, ⊂ハ!`..   │
│  増援に成り得る人を紹介するので  | i⌒ヽ j  (_.ノ   ノi|__/⌒).│こう言う時にケチると痛い目を見る
│  以下のどちらかを選べと迫られる... | ヽ  ヽx>、 __, イl'´|::::ヽ / │           高額の①を選ぶ↓
│                        | ∧__,'Yヽl:::::!C:::::l| |',:::::ハ.  ┝━━━━━━━━━━━━━┓
│  ①紹介料高額のA氏           | ヾ_:::ッ|'´l :::::!:::::::::l|'´| >'''´... │                          ┃
│  ②紹介料低額のB氏                                │                          ┃
│                                            │                          ┃
│  おそらくどちらでも問題は無いので好きに選べとはナギの談   .│                          ┃
│  選ぶのは……                                    │                          ┃
┗────┰───────────────────────┛                          ┃
          ┃                                                                          ┃
          ┃効果が同じなら安いので良い                         ┏━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━┓
          ┃②を選ぶ↓                                  ┃  UGN消滅&邪神討伐成功!                ┃
          ┃                                        ┃  ドサクサで自由に動ける身となったお市と共に   .┃
          ┃                                        ┃  エジソン逃避行 ルート                 ┃
          ┃                                        ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
          ┃
          ┃
┏━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃  邪神封印成功!UGN存続!                    ┃
┃  『嗤う月』は番人としてこれからもUGNに在り続ける ルート  . ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


多分一番可能性が高いのは討伐ルート
次に全滅ルートかな。多分可能性はどっこいどっこいですが
では外出してきます
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

FC2 Blog Ranking